座布団サイズの測り方


 家にある座布団にかぶせる「座布団カバー」を購入したいが、どこを測ったら良いのでしょうか? と言う問い合わせがありました。座布団は正方形ではありません。ご家庭で使われている座布団のサイズはおおよそ八端判(59cm×63cm)又は銘仙判(55cm×59cm)に分けられます。

このサイズに当てはまらない座布団もたまにありますが、今回は計測の方法について説明してみます。座布団四辺の内 ヨコ方向の角から角 タテ方向の角から角を測ります。ミリ単位で計測誤差はあったとしてもほぼ八端判サイズ又は銘仙判サイズに当てはまります。座布団の厚みは考慮しなくても良いです。ご家庭で使っている座布団とピッタリサイズのカバーを購入してください。「大きいサイズ方がよいですか?」と聞かれることがありますが、カバーの方が大きいとだぶついてしわが残りちょっと見た目かっこわるいです。

もしも、ご家庭で使っている座布団が銘仙判なのに間違って八端判のカバーを購入してしまった場合、八端判のカバーに銘仙判の座布団を二枚重ねで入れて使う方法もあります。ただしその場合座り込んで厚みがうすくなってしまった銘仙判座布団に限ります。タテヨコの方向も揃えておかなければいけません。参考になったら幸いです。


コメント

このブログの人気の投稿

本日の富士山 7/17

B-TAN MARKET

【織機って楽しい!】壊れた織機を直してみました。