投稿

B-TANマーケットに参加

イメージ
 7月17日(日曜日) 道の駅富士吉田隣接「富士山アリーナ」内にて開催される B-TANマーケットに参加します。(AM10:00~PM16:00) ピカピカの金襴生地を販売します。10cmからの切り売りします。写真は前回、富士小室浅間神社にて

オープンファクトリーオープン

イメージ
  7月16日(令和4年)第3土曜日の「オープンファクトリー」開きます。AM11:00~PM17:00まで織物工場を見学したい方、いらしてください。

富士山レーダードーム館

イメージ
 富士吉田市の富士山レーダードーム館が令和4年3月末にリニューアルオープンしました。玄関口のショップでは、富士山の形の財布(小物入れ)とペンケースを販売しています。メゾン寿司(スズキリデザイン)のスシカード入れ「名刺入れ」も販売しています。マグロの寿司をデザイン化したものです。実は山梨県内のマグロ刺身消費量は日本国内ではトップクラスなのです。ショップで見てみてください。

6/18 オープンファクトリーオープン

イメージ
 6/18(土)オープンファクトリー開いてます。

やっと出ました里芋の芽

イメージ
 畑に植えた里芋の種イモからやっと芽がでました。小さくてもしっかり里芋と分かる可愛い新芽です。 モロコシの芽も出てきました。どちらも収穫が楽しみです。

富士山の雪解けと農鳥

イメージ
令和4年4月30日、朝の富士山です。八合目付近センターから右辺りに 左上方を向いた 「農鳥」が姿を現しました。地元新聞にも記事としてありましたが例年よりも2~3日現れるのが早いそうです。まだまだ肌寒い日が続く富士北麓ですが、日ごとに暖かくなっております。 富士山の雪解けと共に姿を現す「農鳥」は、昔から富士北麓では田畑農作業のスタート合図でもあります。  

座布団サイズの測り方

イメージ
 家にある座布団にかぶせる「座布団カバー」を購入したいが、どこを測ったら良いのでしょうか? と言う問い合わせがありました。座布団は正方形ではありません。ご家庭で使われている座布団のサイズはおおよそ八端判(59cm×63cm)又は銘仙判(55cm×59cm)に分けられます。 このサイズに当てはまらない座布団もたまにありますが、今回は計測の方法について説明してみます。座布団四辺の内 ヨコ方向の角から角 タテ方向の角から角を測ります。ミリ単位で計測誤差はあったとしてもほぼ八端判サイズ又は銘仙判サイズに当てはまります。座布団の厚みは考慮しなくても良いです。ご家庭で使っている座布団とピッタリサイズのカバーを購入してください。「大きいサイズ方がよいですか?」と聞かれることがありますが、カバーの方が大きいとだぶついてしわが残りちょっと見た目かっこわるいです。 もしも、ご家庭で使っている座布団が銘仙判なのに間違って八端判のカバーを購入してしまった場合、八端判のカバーに銘仙判の座布団を二枚重ねで入れて使う方法もあります。ただしその場合座り込んで厚みがうすくなってしまった銘仙判座布団に限ります。タテヨコの方向も揃えておかなければいけません。参考になったら幸いです。