繰り返しとは


 ここ郡内織物は先染めジャガード紋織の産地、まず白糸を染色加工に出します。色の染まった「かせ糸」のままでは織機にかけられません。動画の様な作業を経て織機に掛けられるように巻き糸の形状を変えます。この工程を「繰り返し」といいます。


緑色したボビンに巻かれた糸を「ワインダ―」と呼ばれる装置でコーンアップ(円すい形の巻き糸)したら、いよいよ織機に掛けられます。

コメント

このブログの人気の投稿

ティッシュ入れキット

ヤマナシハタオリトラベルの縫製キット「クッションカバー」