投稿

何もないけどオープンファクトリー

イメージ
3月16日(土)のオープンファクトリー 何もありませんが、オープンします。とは言っても全く何もない訳ではありません。ワークショップできます。金襴生地を使い「コップの座布団」と銘打ってコースター作りができます。
自家工場の見学が出来ます。ここ富士吉田は地場産業が織物です。市内の織物工場では色々な種類の生地の生産を行っております。例えば、ネクタイ スカーフ 服地 カーテン などなど 田辺織物では座布団の生地を生産しています。「座れるクッション   cocioroso」や「干支ザブトン」も生産しています。ジャガード織と言って 穴の開いた厚紙がくるくる回って柄を織りあげてゆく工程も見学できます。
昨年の10月には「ハタフェス」が行われました。会場には多くの人がいらっしゃいました。織物をメインに多くのクラフト作家さんや軽食屋さんも参加され大変な賑わいでした。こんなに盛り上がるまでには学生コラボなどなど色々な試行錯誤が有りましたが、そんなこんなも色々とお伝えいたします。では土曜日にて

メゾン寿司新作発表(10カン)

イメージ
東京造形大学院生のスズキリくんと2年かけ作り上げた「メゾン寿司」、名刺入れとサコッシュを明日からお披露目いたします。東京ビックサイトで開催される「インターナショナルギフトショー」東7ホール - T57 - 34 に展示されています。 
マグロ サーモン  トロ イクラ エビ イカ ブリ ウニ 卵焼き など チョット
お洒落な木製屋台に揃い踏み。富士吉田市の織物業者皆さんと一緒に出展しておりますので一度見にいらしてください。kichijituさんの御朱印帳や 槙田商店さんの傘 テンジン
さんのリネン 前田源商店さんのオーガニック 武藤さんのスカーフも一緒のフロアーに
展示されています。
開催期間は2月12日~2月15日まで

寿司名刺入れ 次々とデザイン

イメージ
年の瀬も押し迫った12月、コラボの実習に4回も山梨に来ているスズキリ君、富士吉田はとても寒いのでジャンバーで防寒対策もバッチリ、でも見本織の糸交換にはチョット苦戦。
 来月1月の学内発表に向け急ぎの作業が続きます。追加の寿司名刺入れの紋紙まで出来たら後は織機で織るだけ ゛ おっと ゛織るのは私の分担 忙しい忙しい でもその前に年賀状を仕上げてしまわなくては 、、、、ね。

お休みします オープンファクトリー

イメージ
12月15日(土曜日)の田辺織物オープンファクトリーは、都合によりお休みします。

山梨百名山 黒岳

イメージ
11月25日、山梨百名山の黒岳に登って来ました。山頂から南方向に200メートルほど歩いた所に、富士山のよく見える展望台があります。チョットかすんだ河口湖上方の富士山がとても良くきれいでした。高校時代の部活は山岳部でした。毎年四月に「新入生歓迎山行」があり御坂峠から黒岳、節刀ヶ岳、鬼ヶ岳、鍵掛峠、西湖へ下山と歩いていたにもかかわらず一度もこの展望台に行ったことがありませんでした。あのころから42年たって展望台のあることを知った山行でした。

きれいな富士山

イメージ
今朝、六時(11月10日)の畑から見た富士山です。時間と共に変化する富士山の色、日の出前の富士山は「何となくドンヨリ」していましたが、太陽の光量の変化と共に赤くなりやがていつもの通りの美しい姿になります。畑のサラダ菜も成長と共にグリン色から青紫そして濃い紫へと変化してゆきます。どちらも素敵な色の変身をしていたので写真に撮ってみました。日々創り出す織物にも、素敵な色使いを駆使出来たら良いのにと 美味しい富士北麓の空気を深呼吸しながら感じました。

ハタフェスにてワークショップ

イメージ
10月6日(土)~7日(日)の2日間、第3回「ハタオリマチ フェスティバル」に参加しました。普段は金襴座布団の生地を織っているので、そのハギレを使ったワークショップを「コップの座布団」となずけて行いました。好評だったので、毎月第3土曜日の「オープンファクトリー」にもワークショップを行おうかと思います。